« 「プロ下山家」が亡くなった | トップページ | 値段と評価の心理 中価格帯が厳しい意見が多い »

2018年5月23日 (水曜日)

メディア受けするという「罪」

素人ピエロとプロの振付師
本業とメディア対策は別なのは当然である。しかし、メディア受けがいいとそっちの方に重点を置いてしまう。今回の事故はそういったルートに乗ってしまったことの悲劇かもしれない。いや実力以上に見せるためには、そうするしかなかったのだろうか。
藤井聡太4段が誕生したとき、将棋界はメディアを利用しようとしたと思われる。宣伝材料になるからである。たぶん羽生7冠以来のバブルである。その前は谷川浩二最年少名人あたりかな。加藤一二三9段の時(初の中学生棋士)はそれほど反響はなかったらしい。
藤井さんの師匠はメディアのおもちゃ化を防ごうとした。これは毎日新聞のインタビューで語られている。シンボルとして使いやすい。が、しかしそれでは練習時間がなくなる。故に高校進学させて、学業というバリアを作った。もし進学しないで中卒として棋界に入ったら良いように扱われるという配慮からである。
ユーチューバーの先駆者と言われているのがなんとなくわかる。

(文庫) 一歩を越える勇気 (サンマーク文庫)
サンマーク出版  著者:栗城史多  価格:648円 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

« 「プロ下山家」が亡くなった | トップページ | 値段と評価の心理 中価格帯が厳しい意見が多い »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/73536478

この記事へのトラックバック一覧です: メディア受けするという「罪」:

« 「プロ下山家」が亡くなった | トップページ | 値段と評価の心理 中価格帯が厳しい意見が多い »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ

  • 高齢者向けテレビ用スピーカー

おすすめ(amazonウィジェット)

暇つぶし(アマゾン)

音楽

  • 癒しの音楽
  • 聞き疲れしないスピーカー

    音は良いのですが製品としての質が良くない。

    外付けサウンド(USB接続)

    ヘッドフォン端子の質があまり良くない。

    一万円前後のUSBオーディオ入門機

amazonウィジェット

  • 乾電池で動くデジカメ
無料ブログはココログ

Google Analytics




アクセスカウンター

  • 3カウンター