« 今年はPlayStation 4発売から5年 | トップページ | ジェットストリームにパーカータイプの替え芯が出た »

2018年4月19日 (木曜日)

中国で電子マネーが普及した理由

電子マネーの話はいつもすっきりしない。特に炎上目的が多くて、味方では無く敵になっている。「無能な味方」問題が発生している。

中国では電子マネー、電子決済が進んでいる。それは手数料の安さである。小売りでは1%が大きい。本屋だと利益率が紀伊國屋クラスで数%である。そこから3~5%取られると大きい。ちなみに紀伊國屋書店はクレカを使えたはずです。アリペイは0.1%以下である。以下なのは0%もあり得るからである。しかも現金化(データから紙幣に)するときだけ。ではなぜそれが可能なのか。まとめると周辺ビジネスで儲けているからである。

詳しくはここのブログで。東洋経済よりましな記事です。

手数料ゼロでも利益が出るアリペイの秘密

« 今年はPlayStation 4発売から5年 | トップページ | ジェットストリームにパーカータイプの替え芯が出た »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/73330695

この記事へのトラックバック一覧です: 中国で電子マネーが普及した理由:

« 今年はPlayStation 4発売から5年 | トップページ | ジェットストリームにパーカータイプの替え芯が出た »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめ

  • 高齢者向けテレビ用スピーカー

おすすめ(amazonウィジェット)

暇つぶし(アマゾン)

音楽

  • 癒しの音楽
  • 聞き疲れしないスピーカー

    音は良いのですが製品としての質が良くない。

    外付けサウンド(USB接続)

    ヘッドフォン端子の質があまり良くない。

    一万円前後のUSBオーディオ入門機

amazonウィジェット

  • 乾電池で動くデジカメ
無料ブログはココログ

Google Analytics




アクセスカウンター

  • 3カウンター