« 2018年5月? Minecraft Super Duper Graphics Pack | トップページ | 漫画の前に本棚は売れているのか? »

2018年1月 1日 (月曜日)

恋愛の衰退(消滅)とおっさん萌えの始まり

■月9というフジのドラマが死んだ

90年代を作ったフジテレビが苦境に立たされている。その一つが恋愛ドラマの視聴率低迷。かつて花形だったドラマ産業のトップが月9だった。月9という言葉も元々なく、人気を博しブランド化したのが月9だった。ちなみに他社は恋愛要素抜きでヒットしたのが半沢直樹になる。

■恋愛という消費財の終わりの始まり

恋愛を産業としてプッシュしたのが80年代から90年代である。これは若者殺しの時代という本で詳しく書いてある。おっさん世代はティファニーの三連リングを買い求めたのである。ちなみに価格は大学生がバイト代一ヶ月分として設定していた。当時10万ちょっと。

若者殺しの時代 (講談社現代新書)
講談社  著者:堀井 憲一郎  価格:756円 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

■恋愛のない要素、おっさん萌え(ホモソーシャル)

これからはかわいいおっさんの関係性萌えである。

1.おっさんだから露骨な恋愛感情を必要としない無恋愛性

2.おっさん同士だから婦女子が好きな要素、関係性萌えがある

3.かわいいおっさんかどうかが重要。

恋愛要素が不要というわけではない。ヒット映画は旬な女優俳優の順列組み合わせで恋愛映画を量産している。

シンゴジラは恋愛要素を全部切って成功した。あの映画が評価されるのは映画産業の公式から外れてヒットしたからである。君の名はは恋愛映画だが恋愛ノスタルジーとしての映画と捉えるのが正しいらしい。他で例えると熱血が終わった時代に見る熱血映画である。

■フジのおちゃらけ路線と(他局の)真面目路線

フジが終わったのは、すかしの文化が終わって、真面目路線が受けているから。島田紳助はよく読んでいて感動路線に行った。彼は正しかった。

これはかつて真面目なフォークが廃れて明るい勝手にシンドバットが受けたことの反対である。

« 2018年5月? Minecraft Super Duper Graphics Pack | トップページ | 漫画の前に本棚は売れているのか? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/72583001

この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛の衰退(消滅)とおっさん萌えの始まり:

« 2018年5月? Minecraft Super Duper Graphics Pack | トップページ | 漫画の前に本棚は売れているのか? »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おすすめ

  • 高齢者向けテレビ用スピーカー

おすすめ(amazonウィジェット)

暇つぶし(アマゾン)

音楽

  • 癒しの音楽
  • 聞き疲れしないスピーカー

    音は良いのですが製品としての質が良くない。

    外付けサウンド(USB接続)

    ヘッドフォン端子の質があまり良くない。

    一万円前後のUSBオーディオ入門機

amazonウィジェット

  • 乾電池で動くデジカメ
無料ブログはココログ

Google Analytics




アクセスカウンター

  • 3カウンター