« 近代と現地の狭間 | トップページ | 蓮舫に見る野党議員の難しさ »

2016年9月15日 (木曜日)

最高級品のキーボード REALFORCE108P-S

REALFORCE108P-S

PS/2仕様はもうないなと思っていたら最強仕様で帰ってきました。値段も最強です。

PS/2って何?という方は必要ないと思います。私も理解していません。何でも同時押しが優れているとか。ゲームで使うようです。一般人はUSB接続でいいです。

東プレ キーボード REALFORCE108P-S 日本語配列 108key PS/2接続 静電容量無接点 昇華印刷 静音モデル 変荷重(30/45/55g) ホワイト/グレー SI01TS
東プレ    価格:27,608円 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

東プレは業務用として優れたキーボードを出すメーカーです。日常的にキーを叩く人なら買って損はないと思います。富士通から出ている物もいいと思います。

何が良いかというとキーの打ち間違えが少ない。これによってもともと疲れにくい仕様のキーボードがさらに疲れにくくなります。押した後の跳ねっ返りがちょうど良いのです。ワイヤレスではないところが残念ですがノート型PC以外でPC使っている方は持っていて損はないと思います。良い物は長時間使ってわかる物です。ただ一度触ってみることをおすすめします。

それから静音仕様です。カタカタ、ターンは楽しめません。音が出にくくなる構造をしています。

そういえばゆーちゅーばーはキーボードの話はあまりしないような。アップルはキーボードがねー。

|

« 近代と現地の狭間 | トップページ | 蓮舫に見る野党議員の難しさ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/67484447

この記事へのトラックバック一覧です: 最高級品のキーボード REALFORCE108P-S :

« 近代と現地の狭間 | トップページ | 蓮舫に見る野党議員の難しさ »