« 左翼を弱体化させないために | トップページ | さんまと落合の共通点 トップの配慮 »

2016年8月 7日 (日曜日)

虚構だったリベラル

シンゴジラで色々あさっていたら気がついたことがある。あの作品は極めて現実的に描こうとしている。嘘はゴジラしか無い。それはポスターに出ている。

この設定で話を進めるとゴジラと対峙する(できる)のは政府(行政)しかない(行政の一部としての自衛隊)。さらにリアル路線なので女の子が泣いてゴジラが海に帰っていくという「奇跡」は使えない。故に政府は有能であり、これによってゴジラを倒すというシナリオしか無い。あとは自然に海へ帰っていくのを待つくらいか。これも運頼み。

虚構としての左翼リベラルはこの超現実的な回答に戸惑っているのだと思う。実際、震災で投入した最大兵力は自衛隊である。その後消防警察なので、これも行政組織である。最大の予算と人員を持っておりそれを動かせる権力は国レベルである。ゴジラに対処できる火力を持って運用できるのは国しかない。民間人が武器を持って戦うことを想像できない。結局、奇跡に頼るしか無い。しかし今回は奇跡は使わなかった。すると、頼れるものは政府しか無い。これを認めたくないとい思想があることがわかった。市民とゴジラが戦う姿はリアルにすればするほど想像できないことは無視して。

少女がゴジラと交信して厄難を振り払うというナウシカみたいな奇跡を使わない解決方法は政府がかなり有能であるという設定を使う必要がある。道具立てとしてそうしないと説得力がない。そのあたりにリアリティがないと思うなら仕方が無い。ただあの話し方は実際の官僚政治家を取材して役者に模倣させているので、あのレベルのことは出来ると思っていた方がいいよ。ゴジラは退治できなくても。

言いたいことはしっかりとした専門知識を持つ者以外に解決法を提示できるとは思えないということです。この映画の設定(フィクションライン)がかなり現実に近づけているので。一市民それも非専門家が何か出来るとは思えないし、出来てもそれは運頼みになってしまう。

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ
グラウンドワークス    価格:10,584円 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

« 左翼を弱体化させないために | トップページ | さんまと落合の共通点 トップの配慮 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/66846773

この記事へのトラックバック一覧です: 虚構だったリベラル:

« 左翼を弱体化させないために | トップページ | さんまと落合の共通点 トップの配慮 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめ

  • 高齢者向けテレビ用スピーカー

おすすめ(amazonウィジェット)

暇つぶし(アマゾン)

音楽

  • 癒しの音楽
  • 聞き疲れしないスピーカー

    音は良いのですが製品としての質が良くない。

    外付けサウンド(USB接続)

    ヘッドフォン端子の質があまり良くない。

    一万円前後のUSBオーディオ入門機

amazonウィジェット

  • 乾電池で動くデジカメ
無料ブログはココログ

Google Analytics




アクセスカウンター

  • 3カウンター