« 久々に良いかもキやキヤノンプリンタ。PIXUS TS6030 | トップページ | リベラルとは反対するだけの猿であった日 »

2016年8月13日 (土曜日)

柔道リオ五輪のメダルが意味するところ

練習量に頼っていたやり方をあらため

井上康生監督 男泣き 全階級メダルに感慨「選手を信じるだけだった」

ロンドン五輪の柔道がひどかった原因は明らかになっている。一つは練習量が多くてオーバーワークになっていたこと。もう一つは階級ごとに情報分析担当がいたのだがこれを全部外して一人にしたこと。つまり情報と兵站を疎かにして負ける条件だけど整えていった。

トップレベルの選手はすぐに対策される。さらに上回る練習ではなく対応対策をする必要がある。上手い練習をしなければならない。

情報参謀 (講談社現代新書)
講談社  著者:小口 日出彦  価格:821円 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

|

« 久々に良いかもキやキヤノンプリンタ。PIXUS TS6030 | トップページ | リベラルとは反対するだけの猿であった日 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/66976531

この記事へのトラックバック一覧です: 柔道リオ五輪のメダルが意味するところ:

« 久々に良いかもキやキヤノンプリンタ。PIXUS TS6030 | トップページ | リベラルとは反対するだけの猿であった日 »