« スマップ解散とリオ五輪 | トップページ | ものの売れない時代と高齢者の時代の交差点 »

2016年8月22日 (月曜日)

兵站と情報 柔道復活の条件だった

リオ五輪メダル量産12個 日本柔道“お家芸V字回復”の軌跡

例えば合宿では朝の走り込みから始まり、午前は寝技、午後は乱取りと、とにかく猛練習で選手を追い込むスタイル。オーバーワークでケガ人が続出しましたが、故障を理由に大会を欠場すれば、気持ちが弱い、と精神面を問われる。

前体制で廃止された担当コーチ制を復活させ、各階級できめ細かな指導を行う

ロンドン五輪の総括としてハードワークで体はぼろぼろ、対策をされているのに情報担当がいないという悪条件が改善すべき要点だった。 当たり前だけどその当たり前が出来なかった。勝つためには最低限揃えるものがあって揃えられないなら勝ちようがない。今回はボスが当たり前を通せたことが凄い。これがやると難しいんだよね。大敗したので一新できたという幸運があったけど。

|

« スマップ解散とリオ五輪 | トップページ | ものの売れない時代と高齢者の時代の交差点 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/67107668

この記事へのトラックバック一覧です: 兵站と情報 柔道復活の条件だった:

« スマップ解散とリオ五輪 | トップページ | ものの売れない時代と高齢者の時代の交差点 »