« マルクス主義?な映画としてのゴジラ論 役人は無能であらねばならぬ 市民目線が必要である | トップページ | 虚構だったリベラル »

2016年8月 6日 (土曜日)

左翼を弱体化させないために

尖閣周辺に中国船230隻
異例の多さ、外務省が抗議

左翼を潰す中国という感じですね。

今はオリンピック開催中であり、本日広島に原爆が落とされた日でもあります(8/6)。

この政治的意味を左翼は読み取って戦争反対では無く現実的な対応案を示さないと国民に見捨てられるばかりか、ある線を超えた場合、国民が暴発しかねませんよ。

右翼が右翼的行動を取るのでは無く、国民が右翼よりもっと右に行く可能性があるので上手にガス抜きなりなんなりしておかないと大変だと思います。

「日本の市民運動はもっと利口になれ」宇都宮健児氏、都知事選を振り返る

|

« マルクス主義?な映画としてのゴジラ論 役人は無能であらねばならぬ 市民目線が必要である | トップページ | 虚構だったリベラル »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/66873075

この記事へのトラックバック一覧です: 左翼を弱体化させないために:

« マルクス主義?な映画としてのゴジラ論 役人は無能であらねばならぬ 市民目線が必要である | トップページ | 虚構だったリベラル »