« 電子化の無物体感 スターウォーズ7の物体感への回帰 | トップページ | ユーチューバー(youtuber)の無思想性 »

2016年5月 8日 (日曜日)

お馬鹿な政策としての投票所の設置問題

共通投票所の設置見送り 県庁所在地など

法案が通ったときにこれは無理だなと思ったらやっぱりね。行政としてはいくら法律があっても予算が無ければ何も出来ないのよ。まずここから市民の質が問われる。

虐待防止法が改正されたとき、結局予算が無いよねみたいな流れがあって、新法によって行使できたのが2件だったと思う。たしか職員一人あたり児童200人担当とか書いてあった本もある。行政の問題は予算の問題であってそれ以外何物でも無い。まあ法律が無いよりあった方が自由があるけど有効化するためには金が必要。

二重投票を防ぐための通信回線整備などに膨大な費用がかかることや、政令市では行政区単位で設置しなければならず、使い勝手が悪いと懸念されている。

行政区内というのがやっかいで、例えば買い物した先が別の行政区だと投票できない。買い物場所ってそもそも商業地区だから地区が違うのが当たり前な気がする。

|

« 電子化の無物体感 スターウォーズ7の物体感への回帰 | トップページ | ユーチューバー(youtuber)の無思想性 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/65378200

この記事へのトラックバック一覧です: お馬鹿な政策としての投票所の設置問題:

« 電子化の無物体感 スターウォーズ7の物体感への回帰 | トップページ | ユーチューバー(youtuber)の無思想性 »