« 泣けるゲームCM ドラゴンクエストビルダーズ | トップページ | 安さは正義の果てに バス事故の原因 »

2016年2月10日 (水曜日)

賠償金は支払わなくていいのか? であることとすること

我々は戦い続ける制度の元、暮らしている。

賠償金支払われず遺族が再提訴 山形マット死事件

損害賠償の請求権が時効(10年)によって消滅するのを防ぐため。提訴は1月12日付。  

(中略)

遺族の話や訴状によると、7人からは支払いがなく、15年に強制執行の手続きを進めたが、このうち3人については差し押さえる財産が把握できなかったという。

「日本の制度は権利の上に眠る者は保護されない」ということになっている。つまり常に債権ありと主張し続ける必要がある。これを丸山真男がおもしろがって、日本の思想にであることとすることという一文を載せている。意味はヤフー知恵袋にあったのでそちらを参照してほしい。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1487403954

日本の司法がだめな理由は訴えるメリットがコストを下回ることだと思います。訴え続けてなおかつ地獄の果てまで追いかける根性を要求する。

日本の思想 (岩波新書)
岩波書店  著者:丸山 真男  価格:799円 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

権利のための闘争 (岩波文庫)
岩波書店  著者:イェーリング  価格:583円 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

|

« 泣けるゲームCM ドラゴンクエストビルダーズ | トップページ | 安さは正義の果てに バス事故の原因 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/63877777

この記事へのトラックバック一覧です: 賠償金は支払わなくていいのか? であることとすること:

« 泣けるゲームCM ドラゴンクエストビルダーズ | トップページ | 安さは正義の果てに バス事故の原因 »