« ツイッターはつぶやかなくてもいい! | トップページ | 東京オリンピック2020騒動にみる無責任体制の伝統 »

2015年9月 4日 (金曜日)

テレビ局という土管ビジネスはたぶん続く

本邦初公開! 世界最大の映像配信サービス「Netflix」CEOにカルフォルニア本社でインタビューしたよ #ネトフリ

日本が世界的に例外なのはいろいろある。テレビもたぶんそれになる。日本人は受動的だから、蛇口を選ぶことはせず、蛇口から出てくる水を飲む。この受動性があらゆるところにある。

ヤフーは日本で一番だが、世界ではグーグルが一番である。グーグルのシンプルな画面、あなたのしたいことは何ですか?という画面より、メニューを用意しているヤフーの方を好む。

この受動性がすべての面で影響してくるので一部のアクティブな人以外はそのまま留まるだろう。スマホになってもやっていることはケータイ電話時代と変わらない。ただ、行動に対して多少ハードルが下がったことはあると思われる。

https://www.netflix.com/jp/

調査は重要ですね。

米国でのサービス開始以来、日本参入まで約5年の月日がかかったのは、「郷には入れば郷に従え」と言わんばかりに日本市場を詳細に研究し尽くしたためとみられている。ネットフリックスは規模が大きいだけでなく、きめ細やかな対応を合わせ持っているといえ、「実にしたたか」と関係者は舌を巻く。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1509/03/news059_3.html

|

« ツイッターはつぶやかなくてもいい! | トップページ | 東京オリンピック2020騒動にみる無責任体制の伝統 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/61454810

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ局という土管ビジネスはたぶん続く:

« ツイッターはつぶやかなくてもいい! | トップページ | 東京オリンピック2020騒動にみる無責任体制の伝統 »