« 民営化できない郵政事業 | トップページ | 教育の誤りは自爆である »

2015年7月22日 (水曜日)

新しい中国とのつきあい方 冷戦後の安保法制

「80%の国民が説明不足」の安保法制ですが、政府が公式にちゃんと説明したら大変なことになりそう

中国の拡張政策に対して東アジアのプレーヤーたる日本がどう対処するかです。

東アジアには他にプレーヤーとして米軍がいます。この米軍と他の国(例えばオーストラリア)の連携で地域の安定化=パワーバランスを取っていくと政府が決めました。というより今まで通りです。相手がソ連から中国に変わっただけです。ロシアと連携できるかは微妙ですね。

政府、中国ガス田開発の証拠写真を公表 計16基の構造物

中国外相、南シナ海「騒ぐな」 ASEANの会議前にけん制

南シナ海 中国海洋覇権の野望
講談社  著者:ロバート.D・カプラン  価格:1,944円 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

とりあえず国会に行く皆さんは、途中の本屋で買って読んでね。

マスコミは営利企業です。

そして、メディアは日本を戦争に導いた
東洋経済新報社  著者:半藤 一利,保阪 正康  価格:1,620円 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

|

« 民営化できない郵政事業 | トップページ | 教育の誤りは自爆である »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/60836658

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい中国とのつきあい方 冷戦後の安保法制:

« 民営化できない郵政事業 | トップページ | 教育の誤りは自爆である »