« はじめから入っている怖さ | トップページ | 任天堂+スマホ »

2015年3月17日 (火曜日)

堀井雄二のゲーム哲学 説明書なしで遊べること

「チュートリアルも丁寧に説明するのがいいと思いがちだが、説明が長くなるとやる気がうせる。5%を覚えれば、後はユーザーが必要な操作を習得していくものだ。5%を覚えて楽しめないなら、直感的に遊べないゲームの作り方が悪い。僕はゲームを遊ぶのに説明書を読みたくない」

「ドラクエ」生みの親が明かすヒットの方程式

説明書が長いとマニア以外置いて行かれる。パラメーターいじりは楽しいけどハードルが高い。堀井雄二のゲームはいつも簡単に遊べることを主眼に置かれていて、なおかつ作りが細やかなんですよね。これと同じことが出来るのは任天堂くらいでしょうか。

米国は「睡眠大不況」 対処法は?

7~9時間は寝ましょう。瞑想がいいらしいです。

|

« はじめから入っている怖さ | トップページ | 任天堂+スマホ »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/59295803

この記事へのトラックバック一覧です: 堀井雄二のゲーム哲学 説明書なしで遊べること:

« はじめから入っている怖さ | トップページ | 任天堂+スマホ »