« 荒木飛呂彦の新刊は新書 | トップページ | 映画「アメリカン・スナイパー」を見る前、見た後に読んで欲しい本。『戦争における「人殺し」の心理学』 »

2015年3月21日 (土曜日)

落下とラッシュ ダークソウル2

アマゾンの評価通り(1の方だったかな)、ダークソウル2は「正常」進化だった。シューティングゲームは進化して弾避けゲームになった。これと同じで、足下を不安定にしただけの落下ゾーンと敵の数を増やした物量作戦のステージ。

やられても全然悔しくない。あ、またやられた位にしか思えない。できの悪い無双シリーズみたいなゲームです。もちろん爽快感はなく、達成感もない。敵がわらわら出てきて、逃げようとしたら落下してゲームオーバーになるゲームです。

デモンズはひりついた乾いたゲームだった。ダークソウル2は湿ったもっさりゲームになった。別ゲームというのは本当にそうだった。

ちなみに面白くないわけではないです。完成度はデモンズよりあがっています。荒削りなデモンズの方がゲームしている感じがした。今デモンズしたいかといえば別なんですけどね。

私はデモンズ派。同じ人が作っているPS4の方に期待したい。

Bloodborne 初回限定版 Amazon.co.jp限定特典オリジナルデザイントートバッグ付
ソニー・コンピュータエンタテインメント    価格:7,452円 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

|

« 荒木飛呂彦の新刊は新書 | トップページ | 映画「アメリカン・スナイパー」を見る前、見た後に読んで欲しい本。『戦争における「人殺し」の心理学』 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/58858355

この記事へのトラックバック一覧です: 落下とラッシュ ダークソウル2:

« 荒木飛呂彦の新刊は新書 | トップページ | 映画「アメリカン・スナイパー」を見る前、見た後に読んで欲しい本。『戦争における「人殺し」の心理学』 »