« 5Kは発展途上ですね | トップページ | 横のつながりで情報は漏れる 海外経験もしかり »

2014年12月 6日 (土曜日)

ヤフーの衆議院予想2014 新聞と同じ結果

ビッグデータが導き出した第47回衆院選の議席数予測

ポイントは投票率で勝ち星が変わることだが、全体として与党の圧勝。投票率が上がると勝ち星が増える。

事前データで何がわかるか?という意見もあるが外部から観察できる複数のポイントを押さえれば9割くらいの当たり判定は出せる。

例えばワインだと4つくらいのデータを押さえればワインの質を予測できる。サッカーだとサッカー選手の平均年俸で年間順位を予測できる。サッカーの場合、ジャイアントキリングのような運の要素があるので確実性は落ちるがそれでも結構な確率で予測できる。

「ジャパン」はなぜ負けるのか─経済学が解明するサッカーの不条理
日本放送出版協会  著者:サイモン・クーパー,ステファン・シマンスキー  価格:2,160円 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

題名はインパクト重視だけど中身はデータのお話です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/UNIVAC_I

1952年のアメリカ大統領選挙で、過去の投票結果などから開票予想を行ったコンピュータとしても知られる。大方の予想に反してアイゼンハワーの勝利を予想し、的中した。

|

« 5Kは発展途上ですね | トップページ | 横のつながりで情報は漏れる 海外経験もしかり »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/58187441

この記事へのトラックバック一覧です: ヤフーの衆議院予想2014 新聞と同じ結果:

« 5Kは発展途上ですね | トップページ | 横のつながりで情報は漏れる 海外経験もしかり »