« Venue 8 TLEは9月発売 | トップページ | ザ・ラスト・オブ・アスがPS4で »

2014年8月19日 (火曜日)

民間軍事会社=傭兵だけではない

シリアで拘束情報の湯川さん 謎多い民間軍事会社
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140819-00000145-san-soci

英語表記はPMSC(private military and security company)。一般的に傭兵(警備会社)だけに見えるが、広く定義すれば外注化された戦争部門である。カバーストーリーとして、冷戦後の余った政府の軍事部門のリストラというのがまずある。余った人員が民間会社を設立し、その会社が外国地域安定のために地元政府に軍事訓練を行う仕事を受注する。

戦争中だけ必要な人員を民間に委託し、終わったら契約も終わるので常時雇用する必要が無く税金が安くすむ。派遣社員のようなものもある。直接戦闘には関わらない輸送をイラク戦争で民間が受注していた(と思う)。ツイッターで徴兵制が議論されてたとき、この民間委託の話が少し出ていた。実際後方支援は民間会社が請け負っている。『コンテナ物語』にベトナム戦争時の輸送話がある。ちなみに空の船でアメリカに帰るのはもったいないので、ベトナムからの帰りに日本に帰港して日本製家電(輸出)を積んでアメリカに帰っていた。

戦争請負会社
日本放送出版協会  著者:P.W. シンガー  価格:2,700円 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

この本が一番詳しい。修論か博論を元に書籍化したそうです。広く扱っていて日本語で書かれた文章として基本書だと思います。次作はロボット兵ですのでトレンドは追っていますね。

日本人が描いたのはこちら

民間軍事会社の内幕 (ちくま文庫 す 19-1)
筑摩書房  著者:菅原 出  価格:886円 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

後方支援の話。

軍事とロジスティクス
日経BP社  著者:江畑 謙介  価格:2,376円 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

|

« Venue 8 TLEは9月発売 | トップページ | ザ・ラスト・オブ・アスがPS4で »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/57123733

この記事へのトラックバック一覧です: 民間軍事会社=傭兵だけではない:

« Venue 8 TLEは9月発売 | トップページ | ザ・ラスト・オブ・アスがPS4で »