« ダンカンと聞くと「ぼくのなつやすみ」を思い出す | トップページ | リスクヘッジできないことをすると損をする »

2014年7月 5日 (土曜日)

中韓と北日米 日本の外で戦後レジームの脱却

集団的自衛権で憂慮=河野談話検証も懸念-中韓、「対日共闘」鮮明に

河野談話検証懸念は自ら秘密を暴露しているようなもの。何か埋まっているのかな。

それよりまさか二代前の大統領より中国よりになるとは。二代前は北よりだったので中国も動けなかったのだと思う。中国は北朝鮮と国境を接している。今回は南が単独で中国にすり寄った。一方日本は北と交渉を始めた。地理を見るとおもしろい。遠交近攻という中国の故事成語がある。それに近い。安倍総理を批判する国内勢力の思惑の外で戦後地図の書き換えが始まっている。

大国政治の悲劇 米中は必ず衝突する!
五月書房  著者:ジョン・J. ミアシャイマー  価格:5,616円 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

|

« ダンカンと聞くと「ぼくのなつやすみ」を思い出す | トップページ | リスクヘッジできないことをすると損をする »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/56696908

この記事へのトラックバック一覧です: 中韓と北日米 日本の外で戦後レジームの脱却:

« ダンカンと聞くと「ぼくのなつやすみ」を思い出す | トップページ | リスクヘッジできないことをすると損をする »