« 全裸で消毒 イタリアはペストが来た町 | トップページ | 質の悪い乱数発生装置を使わせていたらしい »

2013年12月19日 (木曜日)

辞任で勝ち抜けるか

猪瀬知事、19日午前に辞職表明 就任1年、5千万円問題で引責

誰かが背中を押したのかな。プライドとして負けられない体質なので敵ではなく味方から言われなければやめなかったでしょうね。

勝ち抜く力 なぜ「チームニッポン」は五輪を招致できたのか (PHPビジネス新書)
PHP研究所  著者:猪瀬直樹  価格:882円 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

政界入り 次第に自慢

 猪瀬氏が世に知られるようになったのは一九八七年、「ミカドの肖像」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞してから。しかし、出世作は完全なオリジナルではなく「タネ本があった」と、ノンフィクション作家の池田房雄さんは指摘する。調査や資料集めで猪瀬氏を支えた、かつての仲間の証言だ。「独創性はない。参考文献に載せていないのもおかしい」。別の関係者は「猪瀬氏は大宅賞をすごく欲しがっていた」と振り返る。

堤義明・悪の帝王学―なぜ悪なのか、西武神話、義明美談の虚像の部分 (1981年) (Yell books)
エール出版社  著者:早川 和広 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

西武商法・悪の構図 (1983年) (Yell books)
エール出版社  著者:草野 洋 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

自分を売る男、猪瀬直樹―小泉純一郞に取り入り、石原慎太郎にも……
七つ森書館  著者:佐高 信  価格:735円 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

http://pen.co.jp/index.php?id=684

|

« 全裸で消毒 イタリアはペストが来た町 | トップページ | 質の悪い乱数発生装置を使わせていたらしい »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/54306518

この記事へのトラックバック一覧です: 辞任で勝ち抜けるか:

« 全裸で消毒 イタリアはペストが来た町 | トップページ | 質の悪い乱数発生装置を使わせていたらしい »