« ブラック企業の合理性 又は体罰の存在理由 | トップページ | モデルとグラビアの違い 女優編 »

2013年10月14日 (月曜日)

連動型広告から個人のおすすめと連動した広告へ

グーグル、広告に利用者の名前も表示へ-高まるプライバシー懸念
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131013-00000677-wsj-bus_all

アマゾンの書評のようにクローズドな世界になりつつあるネット世界で、グーグルが自分の所のSNSを検索として表示するようにするらしい。これは以前から言われていた他社(FBなど)の囲い込みがグーグルのオープンな検索世界と対立する話の延長線上にある。

グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ
阪急コミュニケーションズ  著者:スティーブン・レヴィ  価格:1,995円 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

|

« ブラック企業の合理性 又は体罰の存在理由 | トップページ | モデルとグラビアの違い 女優編 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/53594514

この記事へのトラックバック一覧です: 連動型広告から個人のおすすめと連動した広告へ:

« ブラック企業の合理性 又は体罰の存在理由 | トップページ | モデルとグラビアの違い 女優編 »