« グランド・セフト・オート5発売 | トップページ | ブラック企業の合理性 又は体罰の存在理由 »

2013年10月11日 (金曜日)

偏差値の終わり 人物重視試験の意味と意義

国公立大入試:2次の学力試験廃止 人物評価重視に

文科相「学力試験否定せず」 大学入試での廃止検討に

表の解釈と裏の解釈があって、表はみなさんのご想像通りだが、裏の解釈は題名にもした「偏差値が効かない状況とその対策」らしいことである。偏差値効力の無力化は特に下位大学にあるようである。

高校と同じく行きたければ行ける状況でほぼ試験が無力化しているなかで、同じプールから選別しようとすると学力以外の要素を加味する必要がある。(同じプールは同じ学力層の意味。)別に言い方をすると学力は期待できないくらい超低空飛行なので大学入学後もやって行けそうな子を選び出すと言うことである。これは中~底辺やF欄の話であって、上位校はまったく関係がない。国立というから意味が広すぎてしまう。国立は東大京大からある。東大は二次が本番で一次だと満点近くに張り付いてしまうので、別の意味で試験が無力化しているそうです。センターも二つに分ける話があったり、そろそろ統一テスト的なものの扱いが難しくなっているように思える。学習指導要領とかも。

偏差値崩壊
PHP研究所  著者:牧野 剛 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

崖っぷち弱小大学物語 (中公新書ラクレ)
中央公論新社  著者:杉山 幸丸  価格:756円 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

|

« グランド・セフト・オート5発売 | トップページ | ブラック企業の合理性 又は体罰の存在理由 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/53568669

この記事へのトラックバック一覧です: 偏差値の終わり 人物重視試験の意味と意義:

« グランド・セフト・オート5発売 | トップページ | ブラック企業の合理性 又は体罰の存在理由 »