« 青少年はどこにいる? マンガ読者の高齢化と表現規制のターゲット(の穴) | トップページ | 口害 口は災いの元 »

2013年3月28日 (木曜日)

非正規雇用公務員の恐怖 秘密の抜け穴

報道関係者に犯歴漏えい=女性臨時職員を書類送検—北海道警

ハロワの機密漏洩や大量雇い止めもそうだが、公務員の非正規雇用がこれから見えない問題になるはずである。民間ではないので叩かれる方になりやすいが、抽象化すれば労働者と機密文書管理の問題になる。

銀行員があれだけ高い給与を得ているのは機密を扱うからである。お金のために機密を守るのであり、守らせるために金を掛けているのである。

だからその反対側として、最近のカリスマ経営者は「給与の要らない労働者(後藤隊長)」を求めるのである。

官製ワーキングプア―自治体の非正規雇用と民間委託
七つ森書館  著者:布施 哲也  価格:1,785円 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

非正規公務員 (ヒセイキコウムイン)
日本評論社  著者:上林陽治  価格:1,995円 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

|

« 青少年はどこにいる? マンガ読者の高齢化と表現規制のターゲット(の穴) | トップページ | 口害 口は災いの元 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/50986556

この記事へのトラックバック一覧です: 非正規雇用公務員の恐怖 秘密の抜け穴:

« 青少年はどこにいる? マンガ読者の高齢化と表現規制のターゲット(の穴) | トップページ | 口害 口は災いの元 »