« NUCに廉価版 Celeron 847で登場 | トップページ | Wii Uベーシックをプレミア並にする »

2013年2月 8日 (金曜日)

「悪文」としての入試問題

センター試験:国語の平均点は過去最低 小林秀雄で苦戦

テクニックに頼った受験生に血の雨を降らした模様だ。現国で一番困るのが答えが複数見える設問である。複数見えるのは読解力・・・受験とは全く関係ない・・・がある受験生が陥る罠である。読書家は受験テクニックに頼らなくとも読めるのだが、受験だと回答を迷うので点数が上がらない。受験は文章読解ではなく、設問者読解なのである。

外山滋比古→森本哲郎→山崎正和→小林秀雄

来年は山本夏彦あたりで。

|

« NUCに廉価版 Celeron 847で登場 | トップページ | Wii Uベーシックをプレミア並にする »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/49255968

この記事へのトラックバック一覧です: 「悪文」としての入試問題:

« NUCに廉価版 Celeron 847で登場 | トップページ | Wii Uベーシックをプレミア並にする »