« 一人っ子政策転換か 老いる中国 | トップページ | 政治の火遊び 馬鹿が栄えて国滅ぶ 予想通り武道必修化で怪我人続出 »

2013年2月25日 (月曜日)

別の意味で光っている名前 「崇徳」くん

山田まりや 息子の名前を公表「崇徳」

男児の名前が「崇徳(むねのり)」であることを自身のブログで公表

崇徳上皇は日本史の知識

崇徳天皇

怨霊伝説

崇徳院の怨霊に関する記事が貴族の日記に頻出するようになる。

気にしなければ気にならない。高校も世界史が必修で日本史は選択科目だ。ただ日本史の授業は大抵やる。あだ名は上皇になるだろう。あるドラマで息子に付ける名前を考えるとみんな犯罪者(連続殺人や無差別殺人)というネタがあった。

本当はこっち「宗」徳の漢字だったのかもしれない。

こちらの方が有名かも知れない。

瀬を早み岩にせかるる滝川の われても末にあはむとぞ思ふ

読むだけですっきりわかる日本史 (宝島社文庫)
宝島社  著者:後藤 武士  価格:500円 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

小倉百人一首 うぐいす(朗詠CD付)
エンゼル商事    価格:2,080円 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

|

« 一人っ子政策転換か 老いる中国 | トップページ | 政治の火遊び 馬鹿が栄えて国滅ぶ 予想通り武道必修化で怪我人続出 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/49648705

この記事へのトラックバック一覧です: 別の意味で光っている名前 「崇徳」くん:

« 一人っ子政策転換か 老いる中国 | トップページ | 政治の火遊び 馬鹿が栄えて国滅ぶ 予想通り武道必修化で怪我人続出 »