« 人格と結びついた議論は変えられない | トップページ | 人に頼る旧式のシステム 誤発注問題はヒューマンエラー »

2013年2月 9日 (土曜日)

知能が試される 薬物を返還へ

持ち主不明の覚せい剤「返す」 静岡地検が還付公告

薬物といえども官憲が勝手に他人の財産を処分出来ない。所有権の絶対性を理解しているかどうか知能が試される。

法律上、押収物の返還は捜査当局の義務とされ、今回の地検の対応にも全く問題はないが、

薬物に例外規定を設けるかどうかは国会のお仕事。法律通りに仕事をするのが役所の仕事。現実にはそうなっていないけど。生活保護の話を見ても公務員が財政の責任を負わされている。

日本人の法意識 (岩波新書 青版A-43)
岩波書店  著者:川島 武宜  価格:756円 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

|

« 人格と結びついた議論は変えられない | トップページ | 人に頼る旧式のシステム 誤発注問題はヒューマンエラー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/49291464

この記事へのトラックバック一覧です: 知能が試される 薬物を返還へ:

« 人格と結びついた議論は変えられない | トップページ | 人に頼る旧式のシステム 誤発注問題はヒューマンエラー »