« 【夕方コラム】安い給与はリスク リスクを抱え込む企業 | トップページ | それは「そのもの」か「象徴」か »

2012年10月 1日 (月曜日)

IT活用で閣議が時間短縮

IT技術で存在感 “バルト海のシリコンバレー”エストニア

異議のない議題は討議なしで決定され、閣議にかける時間は導入前の4~5時間から、30~90分に短縮された。

国家のサイズが決め手というのは総力戦の結果なのだが、平和な時代はこのサイズが適正なのかもしれない。地方分権で適正サイズに戻してやるのも一興だが、地方の質を見ると怖い。

外務省のエストニア情報:http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/estonia/index.html

人口134万人。

|

« 【夕方コラム】安い給与はリスク リスクを抱え込む企業 | トップページ | それは「そのもの」か「象徴」か »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/47277443

この記事へのトラックバック一覧です: IT活用で閣議が時間短縮:

« 【夕方コラム】安い給与はリスク リスクを抱え込む企業 | トップページ | それは「そのもの」か「象徴」か »