« 備品指定になりそう 消えるボールペン | トップページ | 外部に向けて内部で戦う 組織における内戦 »

2012年8月23日 (木曜日)

俺の話を全部受け入れろ 交渉はなしだ

俺の俺の俺の歌を聴け~。

野田首相:面会の反原発団体代表「不完全燃焼」の声

で、実情は。

肥大化した自己と承認欲求を親父(権威)に向けている。形を変えたパターナリズムである。これは100%認められないならご破算になるやり方で、答えを見つけるのではなく答えを相手に飲ませようとしている。コミュニケーション障害というのがあるのかはわからないけど、そういう人は相手のことを思考の範疇に全く入れていない。相手がいて初めて成立するのが会話だがその「相手」がない。

官僚批判や政治家批判は、必ず相手が悪であり、悪を殺せば世界が平和になるという単純な論理構造である。考えを単純化するときはその方が楽だけど世の中はそれほど単純じゃない。

事実を無視すると成立する世界があって、あまりにも多くの事実を無視するとそこで構築されたものはお花畑理論になる。

日本の病理を解説した本。著者は元朝日新聞記者。やり玉に挙げているのは戦後左翼(進歩的文化人)だが、右翼も中身は一緒。そういうのをサヨクやウヨと言ったりする。

追記:いわゆる活動家の生態となぜ現実化しないかという話。
http://agora-web.jp/archives/1476540.html

安保もこんな感じだったのではと思った。やっていることが正邪に分けたお子様思考なんだよね。敵を作り賛同者を集めるまではいいけどそれが活動家の限界点。元総理が市民活動家出身で不安だったのがこの正邪にわけて正の立場で邪(権力)を叩くというもの。権力に善悪は無い。あえて悪としても悪を滅ぼしたところで何かが解決わけでなく、権力が無くなると混乱するだけ。

« 備品指定になりそう 消えるボールペン | トップページ | 外部に向けて内部で戦う 組織における内戦 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/46785972

この記事へのトラックバック一覧です: 俺の話を全部受け入れろ 交渉はなしだ:

« 備品指定になりそう 消えるボールペン | トップページ | 外部に向けて内部で戦う 組織における内戦 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめ

  • 高齢者向けテレビ用スピーカー

おすすめ(amazonウィジェット)

暇つぶし(アマゾン)

音楽

  • 癒しの音楽
  • 聞き疲れしないスピーカー

    音は良いのですが製品としての質が良くない。

    外付けサウンド(USB接続)

    ヘッドフォン端子の質があまり良くない。

    一万円前後のUSBオーディオ入門機

amazonウィジェット

  • 乾電池で動くデジカメ
無料ブログはココログ

Google Analytics




アクセスカウンター

  • 3カウンター