« おすすめ?サッカー本 | トップページ | 盧武鉉「日本は仮想敵国」 »

2012年7月 2日 (月曜日)

船便経営は難しい 三光汽船二度目の敗北

三光汽船:2度目の会社更生法申請…負債1558億円

今の船便は巨額の投資が必要(大型船)でかつ、それが裏目に出る(荷物が少ない)と途端に不良資産になる。船会社は製造も含めてなかなかハイリスクなご商売です。それもこれもコンテナのため。コンテナは輸送コストを格段に下げた。しかしその低料金化が原油や政変(海上ルート)のリスクに晒される。上手く時代の波に乗れるかが鍵になっている模様です。

コンテナ物語―世界を変えたのは「箱」の発明だった
マルク・レビンソン
日経BP社
売り上げランキング: 7296

認知症薬開発「曲がり角」 国内製薬会社、欧米と“格差”拡大の恐れも

薬も巨額の投資が必要になっている。

|

« おすすめ?サッカー本 | トップページ | 盧武鉉「日本は仮想敵国」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/46138978

この記事へのトラックバック一覧です: 船便経営は難しい 三光汽船二度目の敗北:

« おすすめ?サッカー本 | トップページ | 盧武鉉「日本は仮想敵国」 »