« AMD HD Media AcceleratorのAccelerated Video Converter | トップページ | Flipboardが日本語対応 »

2012年5月15日 (火曜日)

大阪で一番おもろいコント集団 虚構新聞が負けた日

電力需給:「節電」新料金で不足2.6%改善 関電提示

◇「通報制度」など大阪府独自策

 一方、大阪府市エネルギー戦略会議は15日、独自の節電策を提示した。照明が明るすぎるオフィスや店舗を住民が見つけて通報し、中小事業者に節電を促す「節電通報窓口」の設置や、真夏の午後に役所を閉めて節電するなど、家庭や事業者、官公庁などを対象に計約110万キロワットの節電を目指す。

 「通報窓口」に加え、節電に積極的に取り組む店舗をホームページなどで紹介する「節電チャレンジSHOP」も導入、事業者全体で約65万キロワットの節電を目指す。府庁や市役所など約30施設は真夏に週2回、午後に閉庁して2万キロワットを節電。また、学校など600施設には、削減した電気代の一部を裁量で財源として活用できるインセンティブ制度を導入、0・4万キロワットの捻出を見込む。家庭向けには、エアコンの使用量減のために、公共施設や民間施設で涼める「クールスポット」を設定、エコポイントの付与などで計41万キロワットを節電する。

虚構新聞は隣組で監視だった。

日の丸君が代(国旗国歌)が問題ではなく、その背景にある精神が問題なんだけど表層に留まるのよね。戦争反対は原発同様、日本は組織を上手く運営できないという視点で考えると戦争反対に傾かざるを得ない。反対したからと言って戦争が無くなるわけではないのも事実です。

歴史は繰り返すのか。

戦前昭和の社会 1926-1945 (講談社現代新書)
講談社  著者:井上 寿一 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

日本の戦時下ジョーク集 太平洋戦争篇 (中公新書ラクレ)
中央公論新社  著者:早坂 隆 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

日本の「安心」はなぜ、消えたのか 社会心理学から見た現代日本の問題点
集英社インターナショナル  著者:山岸 俊男 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

|

« AMD HD Media AcceleratorのAccelerated Video Converter | トップページ | Flipboardが日本語対応 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/45274472

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪で一番おもろいコント集団 虚構新聞が負けた日:

« AMD HD Media AcceleratorのAccelerated Video Converter | トップページ | Flipboardが日本語対応 »