« 光宗薫とダンス | トップページ | キリンオレンジのCM 太田裕美「南風」 出演:サンディ »

2012年5月21日 (月曜日)

反対派と賛成派の戦いの場は行政である

牛生レバー:「禁止は過剰介入」と業界反発

牛生レバー:7月から禁止

例の死人まで出した生肉騒動で結論は禁止という事になりそうである。誰が望んだのかはわからないが、行政も民意に敏感なので、役所という顔の向こう側には別の民意があるのです。

国交省:バス安値運行を見直しへ 安全守れる運賃制度に

規制緩和は幻で安全のために国が介入せざるを得ないという歴史的教訓が得られたのかもしれません。その国も仕事量が膨大であり、それを賄うための人員は配置しないという民意(公務員削減)によって機能しなくなっている。

関越道バス事故:規制緩和先行で監査は後手

国交省関係者は「規制緩和で一定の条件さえ整えば事業許可を取得できるため、新規事業者を優先する必要がある」と説明。バスに加えタクシーやトラックなど計約12万5000社の監査を約300人の職員で担当しており、「全てのバス事業者を1~2年ごとに監査するには人手が足りない」と話す。


日本の「安心」はなぜ、消えたのか 社会心理学から見た現代日本の問題点
山岸 俊男
集英社インターナショナル
売り上げランキング: 19073

|

« 光宗薫とダンス | トップページ | キリンオレンジのCM 太田裕美「南風」 出演:サンディ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/45342956

この記事へのトラックバック一覧です: 反対派と賛成派の戦いの場は行政である:

« 光宗薫とダンス | トップページ | キリンオレンジのCM 太田裕美「南風」 出演:サンディ »