« 消費者庁の初安打 コンプガチャがやっと終演へ | トップページ | 認識されない障害 »

2012年5月 6日 (日曜日)

市民対市民の戦い 放射能瓦礫受け入れ事変

「放射能ガレキを受け入れたら私は自殺する」秋田・大館市役所に落書き

当ブログでは「行政の影に市民あり」とずっと申し上げてきました。トリッキーな話はこうやってニュースになります。最近だと羆射殺に対する市民の怒り(県外「札幌のヒグマ駆除 市役所に抗議60件 」)というのがありますた。ただ斜め上でないことはあまり取り上げられることはありません。でも行政が動くときは圧力団体とまでは言わないまでも、市民の要望からよけいな規制が出来ることがあるだろうとは推察できると思います。

となりのクレーマー―「苦情を言う人」との交渉術 (中公新書ラクレ)
関根 眞一
中央公論新社
売り上げランキング: 10372

|

« 消費者庁の初安打 コンプガチャがやっと終演へ | トップページ | 認識されない障害 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/45152351

この記事へのトラックバック一覧です: 市民対市民の戦い 放射能瓦礫受け入れ事変:

« 消費者庁の初安打 コンプガチャがやっと終演へ | トップページ | 認識されない障害 »