« 産経の記事は正確ではない 東京都の表現規制条例の「犠牲者」はいる | トップページ | 安いと言うことの意味 »

2012年3月25日 (日曜日)

地味だが怖い検索を助ける機能(サジェスト)で人生が終わる

米グーグル:検索予測差し止め命令…東京地裁仮処分

任意の単語を打ち込むと、次にこの単語ですか?と表示されることがある。記事によると名前を入力するとその後ろに犯罪を臭わす検索単語が表示されるらしい。

グーグルのビジネスは97%広告から得ている。検索される単語を集積分析して次に誰かが検索したときにその脇に広告を載せる。この広告がお金になる。そして検索語句と広告のマッチ度が命綱である。葬式と検索したら近所!の葬式屋から葬式用のお花や墓まで出てくるようにし、結婚式場は絶対に出ないようにするのである。

21世紀も20世紀同様効率化ですね。

グーグル秘録
グーグル秘録
posted with amazlet at 12.03.25
ケン・オーレッタ
文藝春秋
売り上げランキング: 23813

|

« 産経の記事は正確ではない 東京都の表現規制条例の「犠牲者」はいる | トップページ | 安いと言うことの意味 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/44624557

この記事へのトラックバック一覧です: 地味だが怖い検索を助ける機能(サジェスト)で人生が終わる:

« 産経の記事は正確ではない 東京都の表現規制条例の「犠牲者」はいる | トップページ | 安いと言うことの意味 »