« 完璧を目指すより まず終わらせろ | トップページ | 例外が穴になる »

2012年2月13日 (月曜日)

高リスク社会が日本の問題

日本の家電各社が「ルンバ」を作れない理由 国内製造業の弱点はそこだ!!

家庭で使う家電製品の第一条件は「安全性」だ。一方、日本の製造業は「リスクを極端に嫌う」傾向が強いため

上記は民間での話。役所が二の足を踏む理由はこちら

また、日本では「製造者だけでなく、製造・販売を許認可した国にも責任がある」として裁判で、国が被告となるケースが日本では少なくない。医療機器をめぐっては日本は欧米などと比べると規制が厳しく、複雑なのが現状で、日本の医療機器産業発展の妨げの一因ともみられている。

両方に共通するのは日本人のゼロリスクを求める心理。もちろんそれに至る理由はあるだろうからこれは永遠に続くと思う。よく公務員を批判する人がいるけど役所もリスクはとれないのでいまいち踏み込めない。事故があったら批判されるからリスクは避ける。成功は自分の利益、失敗は役所に取らせるというフリーライダー問題が日本人にある。

すべては日本人の問題(リスクを極端に嫌う)と認識する必要がある。

リスクに背を向ける日本人 (講談社現代新書)
講談社  著者:山岸 俊男,メアリー C・ブリントン  価格:798円 

 

powered by amalink

|

« 完璧を目指すより まず終わらせろ | トップページ | 例外が穴になる »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/44082123

この記事へのトラックバック一覧です: 高リスク社会が日本の問題:

« 完璧を目指すより まず終わらせろ | トップページ | 例外が穴になる »