« 中学生という難物 予測不可能 | トップページ | クラスの人気者は早死 »

2012年2月26日 (日曜日)

洗脳が再ブレイク

洗脳は可能なのか? --- 島田 裕巳 - アゴラ編集部

洗脳やマインドコントロールの区別をどうするかについては専門の方に任せる。一時話題になったこの手の話が再び注目を集めている。

洗脳は実は優しくやるというのが島田先生の話です。薬物という方法もあると言われているが洗脳の語源、中国はかなり時間をかけてやっている。

中島さんが、その霊能者にマインドコントロールされているにしても、そこには彼女本人の側の都合や理由があったはずである。そちらの部分が解決されない限り、状況は改善しない。

状況が人を作るというのはかなりの部分で正しい。

電通 洗脳広告代理店
サイゾー  著者:苫米地英人  価格:1,365円 

 

powered by amalink

洗脳原論
春秋社  著者:苫米地 英人  価格:1,575円 

 

powered by amalink

広い範囲に及ぼすのは広告。この人(バーネイズ)が開祖。

プロパガンダ[新版]
成甲書房  著者:エドワード・バーネイズ  価格:1,680円 

 

powered by amalink

|

« 中学生という難物 予測不可能 | トップページ | クラスの人気者は早死 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/44274626

この記事へのトラックバック一覧です: 洗脳が再ブレイク:

« 中学生という難物 予測不可能 | トップページ | クラスの人気者は早死 »