« 大阪市が組合調査へ 実名記入や職務命令だから違反者は罰するとか | トップページ | メイド漫画で有名な森薫の短編集 »

2012年2月14日 (火曜日)

情報戦としてのわざと切られる必要性

沖縄防衛局長「講話」問題 共産党も情報漏洩に動揺

内通者から情報から上がってきても、外に向けては知らないふりをする「演技(腹芸)」が必要である。この政治(情報戦)のイロハがわからないの人は政治の才能がない。手の内を知られたらまずい。手品師が手品の種を明かさないのと一緒。わからないというのが一番怖いので戦略になる。あえてみせるときはそれはすでに宣伝目的である。映画トップガンは対ソ連用に米軍が全面バックアップしたと言われている。

素人大臣に官僚が不信感を持つのもわかる。たとえ情報を隠されても仕方がない。その職としての常識をしらないから。介入大臣も同じく。

官から民へではなく、玄人から素人へ。官僚が優れているという話ではなく、明らかに使う側の技量に問題がある。

トップガン スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン  出演:トム・クルーズ,ケリー・マクギリス,ヴァル・キルマー,アンソニー・エドワーズ,トム・スケリット  価格:1,650円 

 

powered by amalink

|

« 大阪市が組合調査へ 実名記入や職務命令だから違反者は罰するとか | トップページ | メイド漫画で有名な森薫の短編集 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/44108207

この記事へのトラックバック一覧です: 情報戦としてのわざと切られる必要性:

« 大阪市が組合調査へ 実名記入や職務命令だから違反者は罰するとか | トップページ | メイド漫画で有名な森薫の短編集 »