« 原発を巡るたくさんの論点 | トップページ | 国語教育と日本語教育 正答と道徳 »

2012年1月16日 (月曜日)

将棋でコンピュータが人に勝つ

コンピュータの癖を研究したようです。コンピュータなりの弱点があるようです。そこをつこうとしたがミスで負けたとうのが会長の弁。手が悪いのではなく自分が悪いと。

真剣師小池重明 (幻冬舎アウトロー文庫)
幻冬舎  著者:団 鬼六  価格:600円 

 

powered by amalink

将棋の子 (講談社文庫)
講談社  著者:大崎 善生  価格:620円 

 

powered by amalink

大山康晴の晩節 (新潮文庫)
新潮社  著者:河口 俊彦 

 

powered by amalink

« 原発を巡るたくさんの論点 | トップページ | 国語教育と日本語教育 正答と道徳 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/43756468

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋でコンピュータが人に勝つ:

« 原発を巡るたくさんの論点 | トップページ | 国語教育と日本語教育 正答と道徳 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめ

  • 高齢者向けテレビ用スピーカー

おすすめ(amazonウィジェット)

暇つぶし(アマゾン)

音楽

  • 癒しの音楽
  • 聞き疲れしないスピーカー

    音は良いのですが製品としての質が良くない。

    外付けサウンド(USB接続)

    ヘッドフォン端子の質があまり良くない。

    一万円前後のUSBオーディオ入門機

amazonウィジェット

  • 乾電池で動くデジカメ
無料ブログはココログ

Google Analytics




アクセスカウンター

  • 3カウンター