« 『サムライガン』というマンガ | トップページ | 生産年齢人口当たりのGDPという見方 »

2012年1月15日 (日曜日)

大臣と官僚

武器三原則と使用基準混同=田中防衛相が認識不足

法務大臣が放言で批判されたがあれはまだ良かった。所詮内政問題。間違いが許されない職というのは多数存在するが大臣職は最たるものなのかな。

専門職が技術的に進みすぎて素人や一見さんお断りになっている。軍事はマイナーだから民間にそれほど専門家がいないのかもしれない。

昔からある専門と非専門の間問題はずっと続く。

日本の軍事システム-自衛隊装備の問題点 (講談社現代新書)
講談社  著者:江畑 謙介  価格:735円 

 

powered by amalink

法務大臣の方言の内容

「法務大臣とは良いですね。二つ覚えときゃ良いんですから。 個別の事案についてはお答えを差し控えますと、これが良いんです。 わからなかったらこれを言う。で、後は法と証拠に基づいて適切にやっております。この二つなんです。まあ、何回使ったことか」

発言に注意していますくらいの意味だと思う。

|

« 『サムライガン』というマンガ | トップページ | 生産年齢人口当たりのGDPという見方 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/43759210

この記事へのトラックバック一覧です: 大臣と官僚:

« 『サムライガン』というマンガ | トップページ | 生産年齢人口当たりのGDPという見方 »