« 流行語大賞はもちろん「なでしこジャパン」 | トップページ | 無料で読めるバンブー 『ビッグデータ社会の到来』 »

2011年12月 2日 (金曜日)

駄目さの肯定 『ミタ』はあり、『南極』は無かった

「家政婦のミタ」の視聴率が
キムタクをあっさり抜き去ったわけ

南極物語を一言で表すと昔は良かった文脈。一方家政婦のミタは現状の肯定。現状とは失われた20年である。

子供の成長を描けないと言われている。それはモデルとなる大人達が行き詰まっているからである。ロールモデルの喪失が子供のまんがに現れている。今のまんがは大人の存在が希薄である。ロールモデルの喪失は色々なところで言われている。バブル後の後遺症で大人達が目指すべき星が無くなっている。その背中を見ているのが子供達である。

南極物語はおじさん向け。ミタは若い世代向けと思われる。詳しいデータはどこかが出すと思うので楽しみです。

『僕は君たちに武器を配りたい』をおすすめします。あとでリンクを張らないと。アフィリエイトがなくなって不便だよ。

僕は君たちに武器を配りたい
瀧本 哲史
講談社
売り上げランキング: 186

|

« 流行語大賞はもちろん「なでしこジャパン」 | トップページ | 無料で読めるバンブー 『ビッグデータ社会の到来』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/43215922

この記事へのトラックバック一覧です: 駄目さの肯定 『ミタ』はあり、『南極』は無かった:

« 流行語大賞はもちろん「なでしこジャパン」 | トップページ | 無料で読めるバンブー 『ビッグデータ社会の到来』 »