« 「愛はかげろうのように」歌う時期が大切なこともある | トップページ | メモ『社会学がわかる事典』おすすめらしい »

2011年12月25日 (日曜日)

死にやすい人は死にやすい

東日本大震災:障害者の死亡率2倍 在宅者保護難しく

33市町村の死者は計1万3619人で、全体に占める割合は約0.9%。身体、知的、精神の各障害者手帳の所持者(計7万6568人)に限ると犠牲者は1568人で、死亡率は約2%に達していた。

障害者が亡くなる率が特に高かったのは宮城県沿岸部。599人の障害者が亡くなった石巻市は7.4%に上った。

他人の手を借りずに生きられる手段を持つものは生き残る確率があがる。子供とお年寄りも障害者と同じ。残酷な真実。生き残るために何をすればいいのか。

人はなぜ逃げおくれるのか ―災害の心理学 (集英社新書)
集英社  著者:広瀬 弘忠  価格:735円 

 

powered by amalink

|

« 「愛はかげろうのように」歌う時期が大切なこともある | トップページ | メモ『社会学がわかる事典』おすすめらしい »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/43494229

この記事へのトラックバック一覧です: 死にやすい人は死にやすい:

« 「愛はかげろうのように」歌う時期が大切なこともある | トップページ | メモ『社会学がわかる事典』おすすめらしい »