« 扉を開けたら最後 違法ダウンロードの刑罰制定へ | トップページ | プロは難しい 『アンチャーテッド - 砂漠に眠るアトランティス -』 »

2011年12月 8日 (木曜日)

歌は下手でも歌える機械の進化

今はデジタル技術が発達しすぎて1音ずつ音程(ピッチ)を動かせる。少しくらい音を外しても後処理でどうにでもなる。最近のアーティストは外れすぎて一曲の内何音も音程を合わせないとならないらしい。

フジの話(FNS歌謡祭)だけど、テレビ局の劣化が凄いことになっているようで怖い。推論はたぶん当たっている。

口パク予定

音が出ず

予定が狂い歌い出すがその準備(イヤーモニターや楽団との距離等)がないので歌いづらい

嵐は歌手じゃない

ただ疑問もあって生演奏に口パク音源を乗せられるのか?

失敗で怒られるとさらに失敗をやらかす。これは処分が難しいぞ。音の技術は『Jポップとは何か』で知った。スタジオの音響さん達の裏話が数行出てくる。歌手じゃなくてカス(淡谷先生)と言った意味はそういうことなのね。歌の値段が安くなりました。

Jポップとは何か―巨大化する音楽産業 (岩波新書)
烏賀陽 弘道
岩波書店
売り上げランキング: 18415

|

« 扉を開けたら最後 違法ダウンロードの刑罰制定へ | トップページ | プロは難しい 『アンチャーテッド - 砂漠に眠るアトランティス -』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/43298423

この記事へのトラックバック一覧です: 歌は下手でも歌える機械の進化:

« 扉を開けたら最後 違法ダウンロードの刑罰制定へ | トップページ | プロは難しい 『アンチャーテッド - 砂漠に眠るアトランティス -』 »