« 正解を書かせる難しさ | トップページ | TIMEDOMAIN lightはおすすめ »

2011年12月23日 (金曜日)

[単位]*[数量]=答え

[単位]*[数量]=答え

前にも書いた記憶があるが、

6×8=6+6+6+6+6+6+6+6

8×6=8+8+8+8+8+8

計算式と計算は違う。答えを出すならどちらでもかまわない。ただ経過式を求められると「正しい」とされるやりかたが必要になる。語順に近いものだと思うよ。数学になると問われることはないはず。算数は難しいのよ本当に。

数式と答えが分かれている場合、数式が正解でないと答えは不正解になる。経過も大切ですよという算数教育からの教えです。これは出題者の意図が読めないと理解できない。×にした理由は答えが合っているだけじゃ駄目だよということを理解させるためと思う。

日常とは少し違った世界です。

コメント欄にあった。たぶんこれが正解。

この時期に覚える算数は「単位」の変化のないものだと思います。
足し算は同じ単位のものしか足せません。(cm+kgというのは無意味)
掛け算は、小学校低学年では、「単位の変化のない」範囲で覚えます。(本×○=本)
その後、単位が変化する掛け算(cm×cm=平方cm)を覚えますが、まだこの時期には出てきません。

「数字には『単位』というものがあって、それを意識しないと正しく計算できない」っていうことを徐々に感覚的に覚えていく時期だから、 順番にこだわった教え方をしているというのは、方法としてなるほどとも思いました。

もちろん、その後、例えば中学になれば正確に単位付きの計算をすることになり、その際には順番は減点の対象にならないでしょう。 この時期だから、ここにこだわって教えるというのは、「作戦」として理解しました。

http://blogs.itmedia.co.jp/magic/2011/12/6886-2d5b.html

算数は非常に難しい。算数数学教育は長期の教育計画(たぶん高校まで)の上に成り立っているから、それをいちいち説明するのは大変だと思う。学校の先生も説明できるとは限らない。素人の考えは有用だがつっこまれると、それに対する投資が必要であり、その投資は結局税金なのよね。

おすすめは『数と計算の意味がわかる』かな。

数と計算の意味がわかる―数学の風景が見える (数学の風景が見える)
野崎 昭弘 伊藤 潤一 何森 仁 小沢 健一
ベレ出版
売り上げランキング: 326880
算数・数学が得意になる本 (講談社現代新書)
芳沢 光雄
講談社
売り上げランキング: 20051

結果だけあってればいい、経過はどうでもいいというタイプは科学者には向かない。科学者は経過を重視するから。言葉足らずで申し訳ないので参考になりそうな本を上げておきます。教育は機会の提供だなと。

科学の方法 (岩波新書 青版 313)
中谷 宇吉郎
岩波書店
売り上げランキング: 34435

|

« 正解を書かせる難しさ | トップページ | TIMEDOMAIN lightはおすすめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/43481231

この記事へのトラックバック一覧です: [単位]*[数量]=答え:

« 正解を書かせる難しさ | トップページ | TIMEDOMAIN lightはおすすめ »