« 若者文化の終わりは若者の成熟 | トップページ | 教養という資本 »

2011年11月 4日 (金曜日)

公務員の鏡 石原慎太郎東京都知事 都民に「黙れ」

岩手・宮古市からの震災がれき受け入れで相次ぐ苦情に石原都知事が「黙れ」と一喝

行政に多数の人(国民)が関わっている以上、苦情は絶えない。それに黙れと言えるくらいじゃないとやる気が削がれる。それをするのが上司たる知事の役目かもしれない。良いことではないけど。国民に媚びないと言って良いのかわからないけど、これを言えるのは今期で引退だからかな。

この国最大のガンは国民です。

それでも、日本人は「戦争」を選んだ Book それでも、日本人は「戦争」を選んだ

著者:加藤 陽子
販売元:朝日出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

民意をうけて当選した首長の末路。

「市民の窮状救って…」ごみ処理で小金井市長

選挙中にはゴミ処理(費用)は無駄使い(高すぎる)と言い放って当選。受け入れていた周辺自治体が怒って契約を更新しなかった。

正確に言うと周辺自治体の作るゴミ処理組合です。流行の叩き方式は国民受けが良いし、実際受かるのでやめられない麻薬と同じ。結果はぼろぼろになった行政設備を使うしかなくなる。

黙れ発言はたぶんマスコミの切り抜きだと思うけど。知事は特別職の公務員です。

|

« 若者文化の終わりは若者の成熟 | トップページ | 教養という資本 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/42854816

この記事へのトラックバック一覧です: 公務員の鏡 石原慎太郎東京都知事 都民に「黙れ」:

« 若者文化の終わりは若者の成熟 | トップページ | 教養という資本 »