« 国民をいつまで騙せるか | トップページ | 押井守論 »

2011年11月 8日 (火曜日)

エネルギーと砂糖は豊かさの象徴

甘党増加で世界が砂糖不足に


 この間、米国ではマイケル・ポーラン(Michael Pollan)氏など著名なフードライターや食の専門家たちが、自然の砂糖よりも加工度が高く人体により有害だと非難したことで、甘味料のブドウ糖果糖液糖はすっかり悪者となってしまった。人工甘味料離れが進み、値段は高くてもテンサイ糖やショ糖への回帰指向が高まっているため、砂糖価格の上昇に拍車がかかっている。


エネルギーは予測していたが砂糖は予測してなかった。勉強不足を反省。というかその手の本は読んでいたのに頭から出てこなかった。

砂糖は世界商品。アメリカはサトウキビを輸入していない。キューバから。

砂糖の世界史 (岩波ジュニア新書)Book砂糖の世界史 (岩波ジュニア新書)


著者:川北 稔

販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 国民をいつまで騙せるか | トップページ | 押井守論 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/42922201

この記事へのトラックバック一覧です: エネルギーと砂糖は豊かさの象徴:

« 国民をいつまで騙せるか | トップページ | 押井守論 »