« 残酷な平和 対米単一思考から脱却できるか | トップページ | 思考の波及が苦しい »

2011年11月16日 (水曜日)

大卒と高卒の賃金格差と機会費用

大卒と高卒 初任給格差広がる

大学へ行く経済的メリットがより出てきたと解釈するべきかな。(4年分の学費)+(高卒で就職した場合の賃金)が大学に行った場合失った利益となる。これを回収するためには何年必要か。この差が無くなると高卒で働いた方がいいという判断になる。機会費用は思考の訓練になる。

類語だと逸失利益や機会損失がある。本来受け取るはずだった利益のことを業界ごとにニュアンスを変えて表現している。中身は仮想の計算です。

人は意外に合理的 新しい経済学で日常生活を読み解くBook人は意外に合理的 新しい経済学で日常生活を読み解く

著者:ティム ハーフォード
販売元:武田ランダムハウスジャパン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

追記。ナイスタイミング。


アメリカの大学を卒業するためにかかる学費はどれぐらいなのか?
平均すると1600万円(5万ドル*4年分)くらいかな。

|

« 残酷な平和 対米単一思考から脱却できるか | トップページ | 思考の波及が苦しい »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/43027676

この記事へのトラックバック一覧です: 大卒と高卒の賃金格差と機会費用:

« 残酷な平和 対米単一思考から脱却できるか | トップページ | 思考の波及が苦しい »