« 「有料」にする意味 | トップページ | HDD価格が洒落にならないくらい暴騰 »

2011年11月 6日 (日曜日)

アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス 12時間で行ける

アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス

銃撃戦が苦手だときつい。照準合わせが大変だった。ダークソウルの方が良かったかも。

海外では3となっているので3表記するが、このシリーズは3で終わりだと思う。2(前作)の方がシナリオが良かった。登場させ無ければならないキャラが増えて、シナリオに苦労しただろうというあとが見える。キャラを無理矢理入れてぼけてしまった。同窓会に新キャラを入れましたというシナリオでした。

砂漠に眠るアトランティスは優・良・可で言うと、です。7/10。自分は楽しめなかった。人に勧めようとは思わない。中古でなおかつ暇なら買いです。十分暇をつぶせるし、あともう少しだったのにといういらいらが感じられます。

ゲームのリアリティと記号的表現について考えさせられた。ゲームとしての記号が背景にとけ込んでしまってわかりづらい。次の行動をどうすべきかが認識しにくい。オブジェクトと背景は分かれているものだが、映像技術の発達でほぼ一枚絵になってしまった。これが本当に見分けにくい。いちいち触って動くかどうかの確認作業が必要になる。ゲームに必要なものを浮きだたせ、それ以外は後ろに引っ込ませる。これが上手くできていない。

漫画表現だとキャラと背景は描き分けるのだが(注目させたいものと、それ以外を書き分ける)、それが一緒になっていると読みにくくなる。ナウシカ漫画版の初期がまさにそれ。だから宮崎駿は漫画家にはなれなかった。ゲームもこんな感じて特にアクションゲームはジャンプはどこへ飛べばいいのか迷うようになる。さてどうなるんだろうか。

以下ネタバレ










クロエは要らなかったと思うくらい登場があっさりだった。もう少し引っ張ってても良かったと思う。クロエが美人になっていたのは良かった。たぶんクロエ(前半用)とエレナ(後半用)で一つのキャラでもよかったと思う。スキンヘッドもなんだか中途半端。おばさん(声:夏木マリ)とボディーガード兼秘書の関わりも不十分。もう少し書いて欲しかった。

このシリーズは3で終わりですね。3は佳作。

ダークソウルは中古待ち。不具合がまだ出ているようなので。だからPS3オンリーにしておけば良かったのに。アメリカ対策として360を出したと思うんだけどねえ。160万本売ったらしい。たぶんフロムの歴代最高売り上げかもしれない。国内版だけで自社の売り上げ記録を塗り替えたらしいので。

廃墟の歩き方 探索篇 Book 廃墟の歩き方 探索篇

販売元:イーストプレス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 「有料」にする意味 | トップページ | HDD価格が洒落にならないくらい暴騰 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/42882526

この記事へのトラックバック一覧です: アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス 12時間で行ける:

« 「有料」にする意味 | トップページ | HDD価格が洒落にならないくらい暴騰 »