« 携帯電話24時間オンは労働時間? | トップページ | 巨人のヒール役健在と野球ファンの心をとらえた日ハム »

2011年10月28日 (金曜日)

千と千尋の売春

http://inspiron530.blog105.fc2.com/blog-entry-72.html

千と千尋の神隠しの話でピュアな人が騒いでいてびっくりした。そもそもあの映画は売春の映画。千は源氏名。豚=飽食の象徴でその償いを娘がするというのが大きな話の枠組みである。他の部分は物語構造の基本である成長物語。異世界に行って成長して戻ってくる。この話は少なくとも自分の周りでは有名だと思ったけど違ったのか?

バブル世代(親)のツケを娘(子供)が体で支払う。バブル世代より少し上が正しいかな。

貧しくなって稼ぐ能力がなければ最後は体を売ることになる。売春が違法になったのは昭和になってから。明治時代にキリスト教の価値観が入ってきて売春も変な目で見られるようになった。断定できるほど資料を読んでいないので何とも言えない。

正確な話は本職の方に出てきてもらいましょう。

「千と千尋」はなぜ「湯女」なのか

町山さんが叩かれたのは本当だったのか。2001年公開で女の子は10歳(主人公の年齢)とするとだと今は二十歳か。

吉原炎上 [DVD]DVD吉原炎上 [DVD]

販売元:東映ビデオ
発売日:2002/10/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ジブリさん。赤くないブルーレイを出してください。


|

« 携帯電話24時間オンは労働時間? | トップページ | 巨人のヒール役健在と野球ファンの心をとらえた日ハム »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/42716116

この記事へのトラックバック一覧です: 千と千尋の売春:

« 携帯電話24時間オンは労働時間? | トップページ | 巨人のヒール役健在と野球ファンの心をとらえた日ハム »