« 10月21日からアクセス数が激減 | トップページ | 教育費および予算の国際比較 »

2011年10月23日 (日曜日)

intelCPUの特徴

337 :Socket774:2011/10/13(木) 17:42:48.40 ID:PGnMhZCD
>>336
intelCPUが遅くなるのは、読み込むデータが多い時(アクティブなソフトを多重起動、激しくデータを読み込むソフトを起動している時)、キャッシュ量をデータ数が突破した時。

原因は、メモコンが特定データ量の時だけ高速にキャッシュへ転送する仕様になっているから。
それ以外のデータ量と転送速度に差が有りすぎて最終的な処理速度が乱高下する為、高速に成らないデータを読み込む頻度が高いほど遅延が発生する。

といってもキャッシュを大量に積んだ上で遅くなるデータを優先的にキャッシュに埋めていってるだろうから一つのソフトだけを使っている場合は感じないかも知れんがね。

もっさりと言われていたインテルだけどこんな理由だったのかな?

|

« 10月21日からアクセス数が激減 | トップページ | 教育費および予算の国際比較 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/42646679

この記事へのトラックバック一覧です: intelCPUの特徴:

« 10月21日からアクセス数が激減 | トップページ | 教育費および予算の国際比較 »