« 人には聞けない男の子の悩み(秘密) 年頃の男子を持つお母さんも | トップページ | アメリカの合理性と教育という名の投資 »

2011年9月10日 (土曜日)

ゲームのAT化 いわゆる「もしもしゲーム」

これがゲームといえるかといえば古参のマニアは否定するだろう。ゲームに命をかけている人たちだから。それ以外の人たちなら楽しめる。所詮娯楽は暇つぶし。ATも車ではないが移動手段としては優れている。そのラインで満足する人がいる。商売は本物ではなく需要が決める。ちなみにヒットゲームだそうです。

顕示的消費の経済学 Book 顕示的消費の経済学

著者:ロジャー メイソン
販売元:名古屋大学出版会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本物のゲーム。9月編。

DARK SOULS (ダークソウル)(特典なし) Video Games DARK SOULS (ダークソウル)(特典なし)

販売元:フロム・ソフトウェア
発売日:2011/09/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 人には聞けない男の子の悩み(秘密) 年頃の男子を持つお母さんも | トップページ | アメリカの合理性と教育という名の投資 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/41597660

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームのAT化 いわゆる「もしもしゲーム」:

« 人には聞けない男の子の悩み(秘密) 年頃の男子を持つお母さんも | トップページ | アメリカの合理性と教育という名の投資 »