« Autumn Leaves バーで流れていそうな音楽 | トップページ | AKIRA(ブルーレイ)が安くなって帰ってくる »

2011年4月19日 (火曜日)

原発は誰のものか?

原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史 (新潮新書) 原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史 (新潮新書)

著者:有馬 哲夫
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本当に原発は東電の問題なのか?JALや以前の国鉄のように色々なものを背負わされてきたのではないか?本当に民間企業なら原発はやらなかったのではないのだろうか。国鉄は赤字路線をたくさん造らされて倒産させられた(精算会社とJRに分離)。

これだけ東電に注意が向くと違和感がある。何のための原子力政策であったか誰も語っていない。そこが違和感の理由だ。部分でしか見ていない日本人の悪い癖がここでも発揮されている。

そもそも原子力政策はなぜ始まったのかを理解しないと全体像が見えてこない。何年か経って落ち着いたら検証していく必要があるだろう。しかしそのときは世間は忘れているかもしれない。

石油で読み解く「完敗の太平洋戦争」 (朝日新書 57) 石油で読み解く「完敗の太平洋戦争」 (朝日新書 57)

著者:岩間 敏
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

追記4/21
やっと出てきたね。このあたりから始めないと原子力政策の文脈がわからない。

特集ワイド:「国策民営」 日本の原子力、戦後史のツケ

さらに田中元首相は、米国頼みだったエネルギー政策を転換する。

この後、田中はロッキードでアメリカにやられたと言われるようになる。

|

« Autumn Leaves バーで流れていそうな音楽 | トップページ | AKIRA(ブルーレイ)が安くなって帰ってくる »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/39669164

この記事へのトラックバック一覧です: 原発は誰のものか?:

« Autumn Leaves バーで流れていそうな音楽 | トップページ | AKIRA(ブルーレイ)が安くなって帰ってくる »