« こんな時こそ聴きたい曲がある。 | トップページ | わからないときに我々ができることは逃げること »

2011年3月26日 (土曜日)

またこのパターン。建前と本音の差額は現場が払う

やっちゃいけないがやらないと回らない。つまり責任は都の教育委員会が負うべきである。兵站の責任は中央にある。危険を負う人と利益者が違うのでモラルハザードが起きる。

都立蒲田高:茶髪、ピアス跡「減点」 改ざん、33人不合格--07、08年度入試

353 :名無しさん@十一周年:2011/03/26(土) 03:14:22.58 ID:QFsXomPC0
確か数年前神奈川の公立高校でもこれと全く同じ事(服装や髪型等を理由に不合格)があったし、別の都立高校では査書を改ざんして本来なら合格の生徒を不合格にした
けど、根本は同じなんだよ
学校が荒れていてどうしようもなくなってる
もう定年したけど父が教員で教育困難校(この場合中学だけど)に赴任してた時期、いつも学校やめたいと母親にいってたからね
だから先生の気持ちも分かる
高校の教育困難校だと問題行動の生徒の比率もすごく高いんだろうしね

【社会】茶髪、ピアスはNG 東京都立蒲田高 外見で21人不合格★4

「子供の人生が変わってしまった…」 茶髪・ピアスなど外見で不合格になった生徒の親、悔しさと怒り…神奈川・神田高校問題

「戦線から遠のくと、楽観主義が現実に取って代わる、そして、最高意志決定の段階では、現実なる物はしばしば存在しない。戦争に負けてるときは特にそうだ」

パトレイバー2

ダイアモンドでも俯瞰して要素を取り出してみれば同じ結論だ。
世界が震撼!原発ショック
悠長な初動が呼んだ危機的事態
国主導で進む東電解体への序章

「とにかく、本店と現地に温度差があった。そもそも予備電源が切れたときの想定がなくて驚愕した。最初から自衛隊でも警察でも使えと言っていたのに、本店はあまりにも悠長だった」と、政府関係者は言う。

本店と現地では情報の鮮度と確度が必ず減る。これは距離の2乗に等しい。

|

« こんな時こそ聴きたい曲がある。 | トップページ | わからないときに我々ができることは逃げること »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/39371505

この記事へのトラックバック一覧です: またこのパターン。建前と本音の差額は現場が払う:

« こんな時こそ聴きたい曲がある。 | トップページ | わからないときに我々ができることは逃げること »