« PS3用新型リモコン(CECH-ZRC1J)は買いかも 3月末 | トップページ | ラストストーリーはがんばった »

2011年2月 2日 (水曜日)

LibreOfficeと一太郎の読み込み 図で説明

オープンオフィス(OpenOffice)の拡張機能がLibreOfficeで使えました。ただ、拡張子が違うようで、拡張子をAllにしてichitaroを探し入れる。

(追記)

検索でここへ飛んでくる方が結構いらっしゃるので図で説明いたします。

※すべてのファイルがきれいに読み込めるわけではなさそうです。

まずOOoから一太郎を読み込む拡張機能を入手する。

一太郎ファイル読み込み拡張機能(外部リンク)

Ichitaro

Get it !
LibreOfficeを起動して、上のツールを開き、拡張機能マネージャーを選択する。
(図はUSBメモリ版)ポータブル版は「LibreOfficePortable」を起動。
Ichitaro2

マネージャーを開いたら、追加をクリックして先ほどダウンロードした「ichitaro.otx」を選択します。

このときユーザー設定が出てきますがどちらでもOKです。すべてのユーザーにしておけば間違いは無いと思います。

Ichitaro2_2

導入完了です。
Ichitaro3

見るだけなら一太郎ビューアがあります。

一太郎ビューアダウンロード

やりたい作業から「LibreOffice」の操作方法を調べられるPDF形式の無償電子書籍(窓の杜)

以上

(以下古い記事ですが残しておきます)

やり方は以下参照。OOoとほぼ同じ。
Sun、OpenOffice.orgで一太郎文書を開ける「Ichitaro Document Filter」を公開

LibreOfficeのポータブル版
PortableApps.com、USBメモリで持ち運べる「LibreOffice」のポータブル版を公開

IMEは是非買って使って欲しい。80%(良)と95%(優)の違いがわかるATOK。ATOKは毎年2月頃最新版が発売されています。

ATOK 2011 for Windows [プレミアム] 通常版 ATOK 2011 for Windows [プレミアム] 通常版

販売元:ジャストシステム

発売日:2011/02/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

LibreOfficeは癖があって使いにくい。家でかるく書き殴る程度の文章ならいいけど。MSOFFICEもリボン形式になって使いにくくなった。

導入事例に学ぶ!LibreOffice移行ガイド ~Microsoft Officeのりかえノウハウ集~
noa出版  著者:大森規克、菅井義之、堀脇千福、noa出版  価格:1,800円 

 

powered by amalink

実務で使えるLibreOffice
翔泳社  著者:鎌滝 雅久,松井 幹彦,松宮 哲,玉越 正樹,榎 真治,谷 列樹  価格:2,940円 

 

amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

|

« PS3用新型リモコン(CECH-ZRC1J)は買いかも 3月末 | トップページ | ラストストーリーはがんばった »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

64bit版では導入すらできないんだよなぁ

投稿: | 2016年1月20日 (水曜日) 午後 07時13分

コメントありがとうございます。
64ビットは駄目なんですか。情報感謝します。

投稿: 管理人 | 2016年2月20日 (土曜日) 午後 05時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/38698930

この記事へのトラックバック一覧です: LibreOfficeと一太郎の読み込み 図で説明:

« PS3用新型リモコン(CECH-ZRC1J)は買いかも 3月末 | トップページ | ラストストーリーはがんばった »